2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2





この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2011ニューイヤー駅伝はトヨタ自動車が初優勝!
2011/01/01(Sat)
2011年最初の駅伝日本一はトヨタ自動車!ニューイヤー駅伝で初優勝です。今年もまた最後の最後まで目が離せない、本当にワクワクした面白いレースを堪能しました。そこかしこに懐かしい顔も見られ、とっても楽しい時間を過ごすことができました。kaeru2

それでは最初からレースの模様を振り返ってみたいと思います。

1区(12.3km)

かなりのスローペースでしたね。2区インターナショナル区間への牽制があったとは言え、3分10秒台というスピードには、解説の谷口さんならずともヤキモキさせられちゃいました。5km過ぎで疲労が浮かんだカネボウの木原真佐人も早々に吸収されてしまい、その後も~10km過ぎても30人の特大団子です。

残り1kmあたりでちょこちょこ動きがみられましたが、本格的な争いは、最後の左折を過ぎてから。ここでの東京電力・若松博と旭化成・大西智也のデッドヒートは見事でした!!3位はトヨタ自動車九州の小西祐也です。

<第1中継所順位>

1位:旭化成、2位:東京電力、3位:トヨタ自動車九州、4位:トヨタ自動車、5位:マツダ、6位:富士通、7位:YKK、8位NTN

ほか注目どころでは、Hondaの中尾勇生が10位、日清食品の北村総が15位、コニカミノルタは30位と出遅れます。久しぶりに顔を見せてくれた重川材木店は33位、創部63年にして初出場の警視庁は36位とがんばります。


2区(8.3km)インターナショナル区間

~長いので続きにさせていただきます
この記事のURL | 社会人駅伝 | TB(0) | ▲ top
全日本実業団女子駅伝(2010)は天満屋が初優勝!
2010/12/19(Sun)

全日本実業団女子駅伝~大混戦の中、栄冠を勝ち取ったのは、意外にもこれが初めてだという天満屋でした!


全日本実業団女子駅伝~優勝は天満屋!


花の3区を走ったエースの中村友梨香(県立西宮高校卒)を筆頭にがんばった天満屋でしたが、何と言っても目を引いたのが5区=重友梨佐の活躍でしたね。彼女は地元・岡山の興譲館高校を卒業し、3年連続でこの5区を走っているのだそうです。入でトップを走っていた第一生命の野尻あずさ(日大)をちょうど5区中間地点で捕まえると、ぐんぐん突き放していった走りは実に見事でした。その後は、続くアンカー浦田佳小里(筑紫女学園)が磐石の走りで、チームを初優勝へと導きました


前半のワコール、福士加代子(五所川原工業高校)の走りも素晴らしかった。15年ぶり(もうそんなになるのですね)の優勝を狙うと豪語し、8位で来た野田頭美穂(青森・野辺地高)から襷を受け取ると、あっという間に3kmほどで1位をダッシュ、ぶっちぎりのトップで襷を渡すも、続く新人の松本梢(宇部鴻城)は今ひとつ健闘及ばず~とても残念です。


他にも3区では、新人の小島一恵(立命館~豊田自動織機)木崎良子(佛教大~ダイハツ)、そして5区では新谷仁美(興譲館~豊田自動織機)と、若者たちの走りが特に目を引きました。新谷は、その快走で豊田自動織機を3位に押し上げたのは立派でしたね


半年間休業を取ったという渋井陽子(那須拓陽~三井住友海上)の元気な顔が見られたのもうれしかったデス


個人的な話で恐縮ですが、今日は久しぶりにアレルギーがひどくて、くしゃみをしながら&終始鼻をかみながら観戦したので詳しいメモを取ることができず、簡単な感想となってしまったのがちょっとだけ心残りでしたが、今年もなかなか見応えのある楽しい試合だったと思います。


天満屋の皆さん、初優勝おめでとうございます!そして全てのランナーへ~どうもお疲れ様でした!


次は年明けの都道府県対抗駅伝でお逢いしましょう!この調子だと~また岡山が強そうだなぁ




web拍手 by FC2





この記事のURL | 社会人駅伝 | TB(0) | ▲ top
ニューイヤー駅伝2010~小野君(日清食品)の力走に感涙!
2010/01/01(Fri)

今年のニューイヤー駅伝も、接戦接戦で見応えがありましたネ!手書き風シリーズ26ピース 駅伝はやっぱりこうじゃないと面白くありません照れ笑い。まあ監督としては胃に穴が開きそうでしょうけれど。。。 おばさんでさえ最終区では胃がキリキリと痛みました笑(ま、それは最後に語らせていただきます)。私の駅伝の原点は「都大路」&「箱根駅伝」なので、駅伝を語ろうとするとどうしてもそこで活躍した選手にスポットライトが当たってしまいますが、その辺のところは多めにみてやっておくんなさいませ


では、とりあえず1区から眺めて行きたいと思います。1区もなかなかの接戦でした。第一中継所での記録も、最後尾が+37秒と大差がつかなかったのは実力が伯仲している証拠だと思いますよんかお


上位では、日清食品の座間紅祢(専大)、カネボウの木原真佐人(中央学院)、コニカミノルタの松宮祐行などが予想通りの快走でした! 特に、中盤での座間クン、ラストでの木原クンの追い上げは素晴しかったです。ちょっとノーマークだった東京電力のがんばりも光りましたね手書き風シリーズ星~今年で2年連続出場とのことですから、谷口浩美監督(元旭化成)の下、順調に選手が育ってきているのだと思います


優勝候補と言われていた富士通(19位)、旭化成(21位)の出遅れは痛かったですね~。またトヨタ自動車九州の三津谷祐が最後に力尽きてしまったのが残念でしたがっくり~森下君の後をついで、マラソンも是非がんばってほしいデス


第一中継所の順位は1位カネボウ、2位日清食品、3位東京電力、4位コニカミノルタ、5位マツダ、6位スズキ、7位中国電力、8位トヨタ自動車(愛知)でした


この記事のURL | 社会人駅伝 | TB(0) | ▲ top
駅伝日本一決定戦~ニューイヤー駅伝!!(回想デス)
2009/12/16(Wed)

早く年賀状を作らなくちゃと焦るオバサンに忍び寄る誘惑の影1つ。人間よりもお利口さんな「おまかせ録画」なんつう機能に「駅伝」なんていう単語を登録しちまってからは、毎日目に入るアレ・・・がっくり。そう、それは、


ニューイヤー駅伝ナビ


まったくTBSさん、気が早すぎやしませんか?って、あらイヤだっ。もうあと半月しかないワ! と急遽年賀状を印刷しながら振り返ってみることにいたしました~今年1月1日に行われたニューイヤー駅伝の様子を!照れ笑い 皆さまにはお忙しいこととは存じますが、もっと忙しい年末になる前に(笑)、ちょびっとだけ語らせてくださいマセ顔文字1(背景黒用)


この記事のURL | 社会人駅伝 | TB(0) | ▲ top
2009年全日本実業団女子駅伝~三井住友海上が返り咲きました!
2009/12/13(Sun)

今年の全日本は久しぶりに面白かったですねムフフ


優勝また三井住友海上なのですが笑~1年ぶりの返り咲きです手書き風シリーズ星!、以前のように最初からトップを走っていたわけではなくて、なんどか順位変動があって、5区に入ってからの1位ですから、なかなか見応えがありました。その証拠(?)に、チーム内には区間賞を取った選手がいなかったそうです。先頭逃げ切りもアリですけど、これもまた理想的な駅伝の勝ちパターンですよねファイト。怪我で体調が心配された渋井陽子もまずまずの走りでしたし、なんと言っても5区大平美樹のガンバリが光りました


2位は天満屋~1位と10秒ほどの差!もう少し距離があったらいけたかもしれませんね。こちらは3区の中村友梨香の走りが素晴らしかったです。さすが日本を代表するマラソンランナーだけのことはありますうふ。久しぶりに坂本直子の顔が見られたのも嬉しかったですね。少し走りは重たそうに見えましたが、まだ若いのですからがんばって続けてほしいデスね!ファイト アンカーを走った浦田佳小里(筑紫女学園出身)もこれからが楽しみな選手ですじー


この記事のURL | 社会人駅伝 | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。